看護師の給料事情とは?看護師の初任給と内訳を徹底解説!

看護師の給料事情とは?看護師の初任給と内訳を徹底解説!

看護師の1年目の給料や初任給って気になりますよね。

特に、看護師を目指している方や転職を考えている方はなおさらでしょう。

この記事では、そんな方々の気になる看護師の初任給やそれを決定する要因について徹底解説いたします。

気になる点をチェックしていきましょう!

看護師の初任給ってどのくらい?

看護師って華やかで給料も高いイメージがありますよね、では実際の看護師はどのくらいお給料をもらっているのでしょうか?

看護師になってから初めてもらうお給料は20万円程度です。

1年目で240万円ほどと、あまり高くないと思ったかもしれません、看護師のお給料の内訳は、基本給+深夜手当+休日出勤手当などの各種手当がついてから高くなるのです。

特に夜勤手当は月あたり3万円ほど支給され、残業手当は1万円ほど支給されることになっているので、夜勤や残業をするようになってから高いお給料をもらえるようになります。

ほとんどの病院で看護師は初任給の時点では深夜勤務や休日出勤がないので、最初の月は20万円程度のお給料となっています。

年収で見てみると、看護師になって1年目の平均年収は、勤務先や地域、学歴でも違いが出ますが、230万~300万程度とされています。

一方、一般企業の1年目の平均年収は200~230万円程度だとされているので、看護師の年収が高いことがわかりまね。

大卒と専門卒の違いとは

看護師になるには看護師資格を取る必要がありますが、大学卒でも専門学校卒どちらでも資格を取ることが出来ます。

専門学校は三年間なので大学の四年間に比べて早く就職できるので、良い点が多いように感じます。大卒と専門卒だと何が違うのでしょうか。

カリキュラムの違いもありますが、大きな違いはお給料の違いです。

大卒のお給料だと20万円程度、専門学校卒だと19万円程度と、1万円程度の違いがあります。卒業後1年目の業務の内容、レベルに違いはないので、看護師に学歴はあまり影響しないことがわかります。

看護士と准看護師って?

看護士にも准看護師、正看護師という二通りがあります。准看護師とは、正看護師と変わらない医療行為をします。

仕事内容に違いはありませんが、正看護師は専門学校、大学を出てからなるのに対し、准看護師養成所と言うところを出てからなります。

中卒から通うことが出来ます。そのため、専門学校よりも早く1年目をスタートすることが出来ます。

しかし、この二つにも給料の違いがあります。

正看護師の平均年収は約478万円であり、准看護師は約405万円と、かなり違いがあることがわかります。

看護師の手当って?

看護師の給料が高いと言われている理由に、看護師ならではの手当があります。

基本給でみるとそれほど高くはないものの、様々な手当がつくことによって大きく変わります。

では、看護師の手当とはどのようなものがあるのでしょうか。

看護師特有の手当をいくつかを紹介します。

・資格手当

所持している資格に対して払われる手当です。

相場は1万円~2万円となっています。

・夜勤手当

夜勤している看護師に対して払われる手当です。

夜勤には一日を8時間に分けて勤務する3交代制、12時間に分けて勤務する2交代制という勤務業態があり、それぞれ支払われる手当が違います。

3交代制の深夜勤務だと一回につき約4千円、2交代制の深夜勤務だと一回当たり約1万円の手当がつきます。

この夜勤手当が看護師のお給料を上げているのです。

・交代勤務手当

夜勤手当とは別に、昼夜で変わる看護師の労働に対して払われる手当です。

短い期間で昼夜の労働時間が変わる過酷な看護職には必要な手当となっています。

病院によっては支給されているそうです。

・休日出勤手当

法律で決められた休日に出勤する場合、給与の35%増しの給与を支払うことが決められています。休日勤務割増給とも言います。

それ以外にも時間外勤務給などもあります。

今紹介したもの以外にも住宅手当、手当があります。

紹介したものはイレギュラーな出勤が多い看護師ならではの手当ですね。これらの手当が看護師のお給料を引き上げているのです。

地域に差はあるのか

初任給が20万円とされている看護師ですが、地域によって差はあるのでしょうか。

初任給が高い傾向にあるのは、東京都、神奈川県、大阪府です。

看護師には地域手当というものがあり、物価が高い地域には手当が高くなり、物価の安い地域には手当が安くなります。

相場としては、東京都では4万9000円、神奈川県では4万円程度、大阪では37000円程度となります。

その他にも人口当たりの看護師の人数が少ない県は、給料が高い傾向にあります。

病院は看護師の確保のため、給料をあげているからです。埼玉県や神奈川県がそれに該当します。

看護師年収ランキングを見ると、1位が神奈川県、2位が東京都、3位が三重県となっており、最下位が宮﨑県となっていました。

平均年収約530万円で最高位の神奈川県と、平均年収340万円で最下位の宮﨑県は約130万円の差があります。

首都圏は平均年収が高くなっており、基本月給で見ても神奈川県、東京都、埼玉県が高いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする