介護職員の転職でも運転免許はあったほうが有利?

介護業界に転職を考えている方の中で、運転免許を生かせないのかと考えている人や、「募集要項の中に運転免許が必要だとあったけど絶対に必要なの?」と疑問に思う方がいると思います。

今回はそのような方々の疑問に答えつつ運転免許を生かして介護をする場合どのような内容で仕事をするのかなどについて詳しく解説していきます。

そもそも介護職に運転免許は必要なの?

運転免許がないよりはあるほうがいいです

老人ホーム内で常に仕事をするというのであれば免許がなくとも問題なく働くことができますが、デイサービス等の訪問サービスをおこなう場合は免許が必要になってくることもあります。

専属のドライバーを雇っている施設もありますが、規模の小さい施設や人件費削減などの理由でドライバーを雇っていないというところもあります。

そのため介護職員らが自ら送迎までこなすということがあります。

ですが、転職時も含め必要かというとそういうわけではないです。

運転免許があったほうが転職には有利

年々医療が大きく発達している現代では高齢者の数も増加傾向にあります。

それに比例して足腰が悪く自らの足で介護施設や医療機関にいくことができない方が多くいます。

また、家族や子どもがいない方もおり、自宅への訪問を希望する方が多く存在します。

そのような方々のために介護師がサービス利用者の自宅を車で訪問し、送迎したりする必要があるのです。

そうした需要に伴って、車の運転ができる人が必要になってきます。

そういったことから訪問系の介護サービスを運営している事業所は運転免許をもっている人を採用する確率が高くなります。

どんなときに免許が有利になってくるのか

免許を持っている場合

車を全く使用しないような業務内容の場合はあまり効果を発揮しないかもしれませんが、先程も述べたように訪問介護や送迎をおこなっているところでは重宝する資格になるかもしれません。

転職活動をおこなう際に求人の内容を確認すると自動車免許取得が条件になっている場合があります。

送迎が主要業務の場合は介護資格がなくても採用される確率が免許をもっていない人よりは高くなります。

町で介護者を送迎する車を見たことがあると思いますが、大体はバンタイプのものやワゴンが多いです。

そのようなこともあって普通車のみでなく、ハイエースなどのバンを運転できる方がさらに有利になります。

訪問介護の職に就きたいと思ったら大きい車の運転の練習をするのもありかもしれませんね。

運転免許がある方が得をする?

運転免許がある場合は待遇が良いこともあります。

訪問サービスで運転業務をおこなうと、ドライバー手当といった形で手当がもらえることがあります。

送迎の業務は朝から一日中というよりは朝か、夕方の短時間で働くこともあります。

他の業務をやりつつ朝晩はドライバーとして働くのも効率良く稼げるかもしれません。

待遇面に関しては求人内容によって異なるため必ず確認して下さい。

運転免許が無いと訪問介護ができないの?

ここまで免許がある方が有利と説明しましたが、免許をもっていないから就けないというわけではありません。

介護ドライバーが一人で訪問先に行き、仕事をするのはかなり大変です。

数名からおこなう食事や入浴のお手伝いをするサービスがあります。

訪問と一言で言っても業務内容はいくつかあるので免許が無いから門前払いという事は少ないでしょう。

介護ドライバーの仕事内容

ドライバーはデイサービスでの利用者送迎の仕事を主におこないます。

朝に利用者の自宅まで迎えに行き、利用者を施設まで送迎します。

帰宅時も同じように利用者を自宅まで送迎します。

また、送迎だけでなく利用者の車椅子を上げ下ろしたり、利用者の乗車補助を行うなどさまざまな仕事があります。

仕事上の注意

介護ドライバーは利用者を安全に事故なく送迎するのが指名です。

そのためあおり運転など危険な運転をするようでは利用者が安心してサービスを受けることができません。

この職に限らず安全運転は大切ですが、高齢者の命を預かっているという自覚を持つことが必要です。

教本に載っているような安全運転以外ではどのような点に気をつければよいのでしょうか。

・シートベルトがしっかりと固定されているか、車椅子が急に動いたりしないか

・右左折の際や停車発進時に「動きます。曲がります。」と声掛けをする

・発進、ブレーキは丁寧におこない体が激しく揺れないようにする

・走行前後に利用者や自分の体調を確認する

・座席順が利用者の仲の良さや乗り降りのしやすさ等に配慮しているか

上記のような点に気をつけて運転することが必要です。

勤務時間、勤務日数

介護ドライバーとして働く場合は、朝と夕方の数時間のみの送迎で多くて5~6時間程度でしょう。

アルバイトの場合は上記の時間で週3日ほどでしょうが、正社員の場合は合間に清掃業務やその他の業務が入るのでもう少し長くなります。

アルバイトとして稼ぎたい場合は送迎の他にもアルバイトをしたほうが効率良く稼げます。

給料はさほど高いと言えるものではありません。

東京都では、平均は1000円程度です。

昇格や待遇の差によって変動はあります。

ドライバー+介護業務をおこなえばさらなる給料アップも見込めるかもしれません。

運転免許で転職を有利に

介護職に転職する際に運転免許があると有利であることがわかったと思います。

現在免許をもっていないけどドライバーとして働きたいという方は、免許取得まで時間がかかってしまうので今すぐ免許を取りに行きましょう。

免許をもっていなくても訪問介護をやりたいという方は運転以外でアピールできる武器をもって転職活動を頑張って下さい!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする