介護はブラック?他職種へ転職したい方必見にメリット・デメリットを詳しく解説!

介護業界は、今現在の日本社会を考えると需要のある安定した職場であるといえます。

しかし、非常に離職率の高いしごとなのです。

今回は、そんな離職率の高い介護業界から離れ違う仕事に転職したいと考えている方、もしくは介護業界へ転職したいという方のために、転職の際のメリット・デメリットについてまとめました。

介護業界から他職種に転職は可能?

介護業界から他職種へ転職

介護業界は専門職といってもいいような職種なので、基本的に資格がいるような業界へ転職はすぐにはできません

もちろん、元々資格を持っているような人は、別なのでそういう方は特別なスキルを活かして転職するのを、オススメします。

しかし、そうでないかたは、未経験OKや無資格歓迎などと書いてある求人を探すと転職の可能性が上がります。

また、介護を辞めてしまった理由も、仕事が辛い、厳しい、などという安易な理由であれば、転職しても長続きしない可能性が高いので、心機一転し、きちんと覚悟を持って臨みましょう。

介護職から転職は資格がないと大変かも…資格がない方にもおすすめの仕事!

事務や経理の仕事

特に女性人気の高い職種です。

オフィス内での業務が中心で、介護職では体力的に厳しかったという方にとっては、格段に楽に感じるでしょう。

また、介護事務であれば、今まで培ってきた知識が無駄にならずに役に立ちます。

IT・WEB業界への転職

ある程度パソコンのスキルがある人には、IT業界がおすすめです。

介護職から転職するには、ハードルが高く感じますが、必要なスキルさえあれば男女問わず活躍できる職種と言えます。

また、IT ・WEB業界といっても、その仕事形態は様々でありスキル身に着け、磨くことで自分のライフスタイルに合った働き方ができるのも魅力の1つです。

サービス業

サービス業と一言でいっても、様々な仕事がありますが、飲食店から雑貨、アパレル関係などの店舗での販売スタッフはオススメです。

介護職と同じで所謂対人サービス日当たります。

そのため、今まで培ってきたコミュニケーション能力は、十分に役に立ちます。

また、業種の選択肢の幅も広く勤務時間なども様々なため自分に合ったライフスタイルで働くことができます。

介護業界から他職種へ転職するメリット・デメリット

メリット

肉体的苦痛の軽減介護職といっても様々な業務がありますが、基本的に肉体労働が多い職業といえます。

また、肉体労働が多い割に、賃金が低いのでより肉体的苦痛を感じやすいでしょう。

体力に元々自信があったという方でも長時間の肉体労働に加えやすい賃金で介護職を辞めたいという声は後を絶ちません。

そのため、他の職種へ転職すれば、肉体的面の苦痛の軽減が最も大きいメリットの1つといえるでしょう。

給与の上昇

介護職は、がんばりに対しての賃金が非常に低いと感じやすい職業といえるでしょう。

介護職は元々賃金が低いのに加え長時間の肉体労働を強いられるので、賃金面に不満をもちやすいです。

そのため、他の職種へ転職することで給与の上昇も見込めるでしょう。

将来性が不安定

介護業界自体は、高齢化社会がますます加速する日本においては、非常に高いニーズがあると言えます。

そのため、介護業界自体は安定しているのですが、一般的な肉体労働を必要とする介護職は、年齢を重ねるごとに肉体労働が厳しく仕事を続けていくという事自体が、難しくなりますので、将来性も不安定であるいえるでしょう。

つまり、肉体的苦痛の軽減や、賃金の上昇、将来性の安定などが介護業界から転職するメリットといえるでしょう。

デメリット

介護職はいわゆる専門職であり、介護職から他の職種に活かせるスキルが多くないというのが実情。

コミュニケーション能力など、活かせるものもあるが、その人本人が特殊なスキルを持っていないのであれば、介護職は、応用性のある職業ではないため転職の幅が狭まります。

つまり、応用性がなく転職の幅が狭まるのがデメリットといえるでしょう。

他職種から介護業界へ転職するメリット・デメリット

メリット

介護業界はこれから先ニーズがある業界

介護業界は、高齢化社会が進む日本の中では非常に伸びしろのある職業である。

他の業界で、これほど確実にニーズがある業界を挙げるのは難しいです。それほどに伸びしろのある業界ともいえるでしょう。

この介護業界に非常に高いニーズがあるため、今の仕事を首になったとしても、再び別の介護業界で関連した仕事に就くことができるでしょう。

デメリット

資格が必要

介護業界での仕事も、介護職員初任者研修からケアマネージャー・介護事務までまで様々な職種がありますが、介護職は専門職であり、特別な研修や資格が必要な職業になります。

そのため、介護業界へ転職する際は資格勉強などが必要になります。

体力的負担が大きい

介護職は、現場を統括するような役職に上がらない限りは、基本的に肉体労働が多い職業といえます。

そのため、体力面に自信のある人間でなければ、続けていくことが非常に難しい職業ともいえるでしょう。

また、年齢を重ねるごとに肉体労働が厳しく仕事を続けていくという事自体が難しいという事態にもなりかねません。

給与が低い

また、肉体労働が多い割に、賃金が低いともいえます。

肉体労働を必要とするのに、長時間労働をしても給与が低いです。

また、長い間働き年齢を重ねていったからと言って、賃金が上昇していくということも少ないです。

そのため、給与面に不満を抱きがちになります。

転職するなら転職エージェント

介護業界からでも、他の業界からでも転職するのが初めてという方にお勧めしたいのが、転職エージェントを利用すること。

転職エージェントはなにがいい?

転職エージェント転職エージェントは、何をしたらいいのか、希望の転職先はどういったものなのかなど、細かに相談に乗ってくれます。

なので、あなたも転職コンサルタントとはコマメに連絡を取りましょう。

転職エージェントは複数登録

転職エージェントで、自分の担当する転職コンサルタントとの相性や、転職コンサルタントが優秀かどうかによって転職が上手くいくか大きく変わっていきます。

また、仕事の求人もサイトによって公開している情報としてない情報があったりするので複数登録することで、転職確立も大きくアップするので、複数登録することをお勧めします。

他職種への転職の前にしっかり考えよう

介護職は、確かに肉体労働が厳しく、長時間の肉体労働に見合わず給与が低いなどの問題点もあります。

しかし、年齢的に続けていくのが難しいといった場合や、今の職場にどうしても耐えることができない、他にやってみたい職種があるなど明確な理由がないのであれば安易に介護業界から転職するのはお勧めしません。

また、転職するにしても、あまり応用性が効く職業ではないので、介護業界内であっても、国家資格を取るなどしてケアマネジャーになり転職することも可能なので、今現在の知識を役立てるなどして、転職することをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする