介護職に転職する際の面接はスーツがいい?

就職活動で介護職に就きたい方がこの記事にたどり着いたと思います。

面接の服装はどうすれば良いか迷ってしまいますよね。

そんな方のために介護職の転職活動はどんな服装で行くべきなのかということに言及していきたいと思います。

介護職に限らず、面接の際に気をつけることもまとめているのでぜひご覧ください

介護職の面接はスーツで行ったほうが良いのか

普段着は面接官に失礼?

介護職の中では、面接時にカジュアルな普段着でも良いというところもあります。

ですが、全てがそうではないです。

面接時にカジュアルな服装で行ったらまわりがみんなスーツだったなんてことになるとマイナスな印象を与えてしまいます。

近所の介護施設でいつも顔をあわせたりするような施設に面接に行く場合でもスーツで行った方が、面接官の方に対しては失礼にならないでしょう。面接では、あなたと介護施設の方が初めて顔をあわせる場所です。

その時の第一印象はとても大切で、このときに悪い印象を与えてしまうと面接の結果に響くかもしれません。

それにTPOにあわせて適切な行動をとるのが社会人としての基本なので、その常識からはずれないようにし、介護職に就きたいという真剣な気持ちを面接官に表現しましょう。

介護職の転職スルう場合の服装は正社員かパート派遣社員では基準が異なる

正社員として転職する場合

介護職であったとしても、正社員はスーツを着ていることがあります。

正社員として転職活動をしているのであれば、面接に行くときはそのような格好で行くのが望ましいです。

もし、私服可という向こうからの提示があれば私服でもかまいません。

ただし、カジュアルすぎる服装は相手からの印象を悪くするため控えましょう。

パートやアルバイト、派遣社員として転職する場合

パートやアルバイトの場合は私服の面接が多いです。

私服でも大丈夫な場合でもカジュアル過ぎるものや派手なものは控えましょう。

介護職はアパレルなどとは違い、あなたのおしゃれセンスには全く興味がありません。

そのため地味な格好でもいいので面接に適切な格好を選びましょう。

ただし指定がある場合はその格好で行きましょう。

介護職にかかわらず身だしなみは社会人としての基本

清潔感はとても大切

面接に行く際には清潔感は不可欠なものと言っていいでしょう。

介護職が普段着で仕事をしていたとしても、転職の際は、スーツで面接に行った方が良いです。

ただし、着ていればいいという単純な問題ではありません。

服装だけでなく顔や髪の毛などの身だしなみも重要な要素になってきます。

これは「イケメンにならないといけない」と言うわけではありません笑

男性は化粧をしませんが、ワックスなどで髪の毛をセットしたりはしますよね。

そのときに、普段のときのような奇抜な髪型をするのではなく、服装にあうような清潔感のある常識的な髪型にセットすることはとても大切なことです。

寝癖は論外なので、ワックスで髪の毛のセットができないという方でも髪の毛を一回濡らしてしっかりと乾かしてから清潔感のある髪型で転職活動に挑みましょう。

また、女性の場合は、派手すぎない化粧やネイルにすることが必要です。

髪型もカールを巻いておしゃれにし過ぎたような髪型はNGです。

下記に性別ごとのチェック項目を並べたので参考にしてください。

性別ごとの身だしなみチェック項目

男性の場合

【服装】

  • 暗めのものを選ぶ(アルバイトや派遣の場合は、カジュアル過ぎない物を選ぶ。)・ネクタイの結び目がずれていないかやシャツの襟が立っていないかをチェックする
  • 介護施設や訪問先で靴を脱ぐことがある場合に備えて靴下も全体のバランスに合ったもので、廃れていないものを履く(もちろん靴は磨いてきれいにする)

【髪型】

  • 派手な髪型は避ける
  • 寝癖は必ず直す
  • 髪色は明るすぎないものを選ぶ

【顔】

  • しっかりと洗顔して、ニキビや目やになどがついていないようにする
  • ひげは剃り残しがあるとだらしないのできれいに剃る

女性の場合

【服装】

  • 暗めのものを選ぶ(アルバイトや派遣の場合は、カジュアル過ぎない物を選ぶ。)
  • スカートは短すぎるとNG(膝が隠れる程度で、ストッキングは自然な色にする)
  • ピンヒール、ミュール、サンダルは控える
  • 介護施設や訪問先で靴を脱ぐことがある場合に備えて靴下もバランスを合わせたもので、廃れていないものを履く(もちろん靴は磨いてきれいにする)

【髪型】

  • ヘアゴムなどで束ねて、首まわりをすっきりさせる
  • 派手な髪型や髪色は控える
  • 前髪の触覚などはなるべく控えて顔がよく見える方が印象は良い

【化粧】

  • 派手なメイクは避け、ナチュラルなメイクにする
  • ネイルも派手な物を避け、長すぎる爪は介護職に合わないのでカットする
  • アクセサリーは極力外し、結婚指輪のみが望ましい

転職活動の際のスーツ選び

状況に応じて適切な服装を選ぶことが重要なことはわかっていただけたと思います。

ここからはスーツで転職活動をする場合どのようなものを選ぶのが良いのかということを解説していきたいと思います。

リクルートスーツは着て良いのか

普段からあまり着る場面がないというときや、リクルート用しか持っていないという場合はそれを着て無駄な出費をおさえたいと思いますよね。

結論から言うと、ビジネス用スーツを着ることが望ましいです。

リクルート用は学生が就活の際に着用するものであるため転職活動には向いていません。

これは介護職だけではなく全ての職種に当てはまります。

リクルート用でも大丈夫な場合もある

これは20代に言えることですが、着るものの種類より清潔感を優先したり、見分けがつかないのでOKという場合があります。

20代であればまだリクルート用でも違和感がなくフレッシュさをアピールできる可能性もあります。

ただ、元の状態で着るのではなく、ちょっとした工夫をしましょう。

シャツを白無地ではないものにするだけでも印象が変わります。

これだけなら経済的負担がおさえられるので良いですね。

ですが、一番はビジネススーツを着ることであることは忘れないで下さい。

転職面接の笑顔は最大の武器

ここまで面接時の服装選びなどさまざまな内容をお届けしてきましたが、それが完璧でもあなた自身が暗かったらせっかくの準備ももったいないです。

面接の際は笑顔で明るく面接官と接しましょう。

介護の現場では人と人とのコミュニケーションがとても重要です。

暗い人よりは明るく接することができる人のほうが介護してもらう方からしても気持ちが良いでしょう。

そのため身だしなみをきっちりしたあとは内面の準備も忘れないようにしてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする