新人居宅ケアマネージャー必見!新人が気をつけるポイントを詳しく解説!

みなさんはケアマネージャーという職業をご存知ですか?

また、ケアマネージャーの中には居宅のケアマネージャーというものがいます。

今回はそんな居宅ケアマネージャーについて詳しく見ていきます。

これからの居宅ケアマネとは?

現在の日本ではケアマネージャーの資格を持っている人はたくさんいます。

そもそもケアマネージャーとはどんな資格で、どんな業務を行うか知らない方も多くいると思うので、簡単に紹介していきたいと思います。

ケアマネージャーとは2000年の介護保険法施行によって生まれた資格だと言われています。

介護保険法に基づき要支援者や要介護者、家族などの相談を受け、様々な介護サービスの中から状態に応じた介護サービスを選択し、提案するという業務を行っています。

そういった意味でも、介護のコーディネーターとも呼ばれています。

その他にも、ケアプラン作成という仕事もします。

介護保険サービス利用社は要介護認定された場合にはケアプランというものを作成する必要があります。

そこでケアマネージャーがそのケアプランを作成し、介護サービスを利用できるようにします。

また、介護サービス利用者の支給限度額の確認や利用者の負担額なども計算します。

このようにケアマネージャーは主に介護サービスが必要な方とサービス事業所をつなぐ役割を担っています。

居宅ケアマネというのは基本的にはケアマネと同じですが、要援護者が在宅で介護サービスを受けたいというときに、利用者とサービス事業所をつないで在宅で介護サービスが受けられるようにする仕事です。

居宅ケアマネは新人では大変?

居宅ケアマネは事前に決めておいた訪問日に合わせて利用者のご自宅などに伺い、モニタリングというものをする必要があります。

このモニタリングというのは利用者のニーズや変化を定期的に確認しに行き、必要に応じてケアプランの更新をするというものです。

そのため、担当の利用者やその利用者のニーズによっては一日の流れが変わってきます。

このスケジュールの管理がとても大変という声を居宅ケアマネからよく聞きます。

そんな居住ケアのスケジュール管理を新人のケアマネージャーが行うことはとても困難なことなのではないでしょうか。

また、中には一人で35人以上の案件を抱えているという人もいるそうです。

ケアマネージャーはスケジュールの自由度が高いですが、全て自分で管理していかなければいけないという点と、担当の利用者に合わせたスケジュールを組まなくては行けないという点が、新人にとっては大変なのではないでしょうか。

新人ケアマネジャーが居宅ケアマネになるうえで気をつけるポイント

新人が居宅ケアマネになるために気をつけるポイントはいくつかあります。

職場環境

その1つは、職場環境です。

居宅ケアマネは基本的に利用者のご自宅に訪問して業務を行いますが、会社の環境も大事になってきます。

たとえば、給与面の待遇や、福利厚生です。

訪問業務ですが、このような職場環境にも気をつけて選びましょう。

フットワークの軽さ

2つ目は、普通のケアマネージャーは施設などで仕事をするのに対し、居宅ケアマネージャーは利用者の自宅に出向いて仕事をする必要があります。

また、居宅ケアマネも複数の担当者がいるため、色んな人の自宅をはしごしなくてはいけません。

そういう意味ではフットワークの軽さが必要なのではないでしょうか。

コミュニケーション能力

3つ目は、居宅ケアマネは実際に利用者の自宅で仕事をするため、ある程度の信頼度を築く必要があります。

そのため、利用者が急に呼び出したときなどにも積極的に訪問するなどをし、信頼関係を築いてみるのが良いでしょう。

また、ケアマネージャーは利用者本人だけではなく、その利用者のご家族や医療機関や施設とも関わりながら仕事をしていくのでコミュニケーション能力が必要になってくるのではないでしょうか。

タスク管理がしっかりできるか

その他先程も言いましたが、施設で勤務するケアマネージャーよりも居宅ケアマネはスケジュールやタスクマネジメントを自分で行う必要があるので、効率よく仕事を進める上で、セルフマネジメントができる必要があるでしょう。

このセルフマネジメントができないと、新人が居宅ケアマネをやっていくのは難しいのではないでしょうか。

居宅ケアマネの求人を探すなら「きらケア介護求人がおすすめ」

居宅ケアマネやケアマネージャーの業務内容や居住ケアマネになるにはということを書いていきましたが、ココまでを読んで、居住ケアマネになりたいけどどこで求人を探せばよいのかわからないという方もいるかと思います。

そこで最後に居宅ケアマネの求人が載っている「きらケア介護求人」というものをご紹介させていただきます。

「きらケア介護求人」は介護に特化した転職・就活支援サービスのことです。きらケアで求人紹介や相談にのってくれるアドバイザーは介護業界の経験が豊富でとても詳しいです。

そのため、介護業界のノウハウを持っているので希望に沿った求人を見つけやすいというのもメリットの1つなのではないかと思います。

また、きらケアでは無資格未経験でも応募が可能な求人が揃っています。そして、しっかりとした研修制度がついていたりするので、仕事面でも安心できるかと思います。

このように「きらケア介護求人」では経験豊富なアドバイザー経由で応募ができるという点や、新人や初心者でも応募可能な求人があり、研修面も研修面も充実している会社があるので安心して応募できると思います。

居宅ケアマネになりたい方はぜひこの「きらケア介護求人」を利用してみてはいかがでしょうか。

きらケア介護求人の公式サイトはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする