居宅ケアマネの仕事は大変?仕事のやりがいを合せて紹介!

日本社会では少子高齢化が進み、人口構造の変化が人々の生活も変えています。

老年人口が増えることに伴って、介護する人材も不足しており、より多くの人数が必要となってきます。

ケアマネージャーという業務についてもこれからより多くの人材が必要となることが見込まれます。

そこで、この記事では居宅ケアマネージャーの仕事内容とその大変さについて解説していきます。また、やりがいや働くメリットについてもここではご紹介していきます。

居宅ケアマネの大変な部分

一人で持つ案件数は平均で35件!

まず、居宅ケアマネがどれくらいの案件を受け持つかについてご説明します。

居宅ケアマネとよく比較されるのが施設ケアマネです。

これはどちらも同じケアマネージャーですが、この2つには大きな違いがあります。

それがケアプランの受け持ち案件数です。施設ケアマネの担当件数は最大100件なのに対し、居宅ケアマネの場合の担当件数は最大35件程度です。

居宅ケアマネはケア利用者の自宅への訪問や時間の調整が生じ、勤務期間がこれに左右されるという側面があります。

利用者のそれぞれの状況に合わせて対応しなければいけない業務は共通ですが、業務の流れ全体で見てみるとこれら2つのケアマネは大きく違います。

訪問以外にも仕事は山積み

居宅ケアマネージャーは、居宅介護支援事務所に勤めます。

住宅で介護を受けている高齢者に居宅の介護保険サービスを提供するための支援を行うため、ケアマネージャーが訪問以外にもさまざまな業務を担当します。

たとえば、要介護認定申請、介護保険関連の手続きの代行、在宅介護に関する相談、ケアプランの作成などが該当します。

訪問によって多くの時間を囚われますが、その時間以外にもたくさんの業務に時間を割かなければならず、35案件でも常に仕事が山積みで、多くの業務を併行してこなせない方には大変な状況になりやすいです。

居宅ケアマネのやりがい

これまで、居宅ケアマネージャーとして勤務することによる負担について多く説明してきました。

ここからは、そんな大変な仕事である居宅ケアマネ業務のやりがいについて説明します。

利用者から学ぶことが多い

まず、自分の業務を通して利用者から学ぶことが多い点です。

もちろん、居宅ケアマネは共通してご老人の介護に従事する仕事ですが、それぞれの利用者家族がいて、ニーズや状況は様々です。

業務を通してこの様々な人々を相手に仕事をすることで人々がどんなことを思い、考えているのかについて知る機会が豊富です。

文字通り家族ぐるみの関係を通して、多様な利用者家族と長期的な信頼関係を築き上げるように勤めることで学べることは他の業務では得られない経験です。

利用者だけでなく家族にも感謝される

また、居宅ケアマネージャーとして働くからこそ、利用者家族と接する機会が多くなります。

利用者のケアはもちろんのこと、ご家族全体に対するケアが必要となり、その分ケアを通してご家族にも感謝されることが多くなります。

そして、そういった人脈を築き上げ、コミュニティに自分が貢献しているという実感も湧きやすいのも居宅ケアマネ業務の大きな魅力です。

居宅ケアマネとして働くメリット

ここからは、居宅ケアマネとして働くことによって得られるメリットについてご説明します。

スケジュール調整がしやすい

まず、大きな魅力として居宅ケアマネはスケジュール調整がしやすいです。

これは、居宅ケアマネという業務についているからこそ、受け持っている件数によって業務の時間が変わります。

もちろんイレギュラーで業務に必要とされることもありますが、基本的には決まった時間に訪問し対応をするので、事前の時間調整が大体の場面で可能となります。

限られた時間でどれだけの手厚いサポートができるかといった点が居宅ケアマネとしての腕の試しどころです。

キャリアアップの可能性も

また、居宅ケアマネとして多くの仕事を効率的にこなせるようになると、汎用性の高いタイムマネジメントスキルが身につきます。

時間的制約の中でどれだけの業務をこなせるか常に改善していけるので、自分の介護業務の効率性、そして速い思考力を持っています。

タイムマネジメントが上がって管理職になれる可能性も上がります。大変な業務につくからこそこのようなメリットがあります。

居宅ケアマネに転職・就職するなら「きらケア介護求人」がおすすめ

ここではきらケアという正社員、パート・アルバイト向けの転職情報サイトを紹介します。

運営しているレバレジーズキャリアは、介護士不足を見据え、介護資格取得を無料サポートしました。

このきらケア介護求人に登録するメリットとしては、仕事で抱えている悩みを相談でき、かつ無料で求人を紹介してくれる、かつ職場での雰囲気や人間関係などについて聞ける点などが挙げられます。

さらに、工事級の案件、シフトの交渉なども可能となり、これからの職を探している方にとっては多くのメリットがあります。これを踏まえて、ぜひきらケアに登録してみましょう。
きらケア介護求人の公式サイトはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする