ケアマネジャーの転職事情をわかりやすく解説!

ケアマネジャーってどんな仕事をしているか知っていますか?

ケアマネジャーは、介護保険制度に基づいてケアマネジメントを行うための資格です。

傷害をもつ人が、自立した生活を送ることができるように、様々な問題を解決していくプロセスです。

直接、障害のある方のお世話をする、というよりはケアプランの作成や、障害のある人の心身状態の確認などを行います。

ケアマネジャーは、資格が必要ですが国家資格ではありません。

ケアマネジャーは転職しやすい?

多くの職業がある中でも、ケアマネジャーは転職しいやすいです!

人手不足の介護業界の中で、ケアマネジャーの求人は少ないです。

しかし、応募している場所であれば転職しやすいです。

介護業界では、もともと転職する人も多いのですが、たくさん転職していてもマイナスに鳴ることはありません。むしろ、経験の多さは有利になります。

一番転職しやすい時期は9月から3月!

ケアマネジャーの求人が増える時期としては、9月から3月です。

なぜこの時期なのでしょうか。

ケアマネジャーだけでは無く、この時期には求人がとても増えます。

多くの人が転職などを考えているため、ケアマネジャーも求人を出します。

新しく他の仕事から、ケアマネジャーに転職したいという人は9月前までにケアマネジャーの資格と取っておくなどの準備をしておくと良いでしょう。

ケアマネジャーからの転職先はどこがいいの?

ケアマネジャーからの転職先はどこがいいの?

ケアマネジャー働き方はたくさんあります。

その中でいくつか紹介していきます。

介護施設

介護施設とは、老人ホームなどのことを指します。

この働き方を行うケアマネジャーがもっとも多いです。

介護施設で働くケアマネジャーの仕事内容としては、老人ホームに入居する高齢者・入居中の高齢者のためにケアプランを作ることです。

基本的に、ケアマネジャーが担当するのは要介護1以上の方と決まっているので、ケアマネジャーとしての大まかな仕事内容は、次に記載する居宅ケアマネジャーとほぼ同じです。

居宅ケアマネジャーと違いは、対象高齢者が身近にいることです。

毎日行く勤務先で、対象高齢者は生活しているため、心身の状態を常に見られるという特徴があります。

居宅介護事業所

居宅ケアマネジャーとして働く方法もあります。

居宅ケアマネジャーの仕事内容としては、自宅で暮らす、要介護1以上の高齢者のためにケアプランを作成することが主な仕事です。

「要介護1以上の高齢者」とは、歩行が不安定で、食事や排泄などが上手くできない状態の高齢者のことを指します。

ケアマネジャーは居宅介護支援事業所を拠点に、担当の高齢者の家を月1回以上訪問し、今何に困っているか、心身の状態はどうかお話をしながらヒアリングを行っていきます。

この居宅ケアマネジャーは、一人でも開業でき、フリーランスとして活動することもできます。

1人のケアマネジャーが担当する利用者は標準35人までとされており、40人を越えると報酬の減額等があるので注意が必要です。

主任ケアマネジャーを取得してキャリアップ

ケアマネジャーの上に、主任ケアマネジャーという資格があります。

この資格は、10年ほど前に誕生しました。

地域などによって多少の違いはありますが、条件としては、

  • ケアマネジャーや介護支援門員として仕事をした期間が通算5年(60カ月)以上の人
  • 規定の条件を満たして地域包括支援センターで専任従事していた人

などが、研修を受け、主任ケアマネジャーになることができます。

自らのキャリアアップを目指すには主任ケアマネジャーを目指すべきです。

その他の介護職員

ケアマネージャー以外にも、地域包括支援センターというところがあります。

地域包括支援センターとは、地域住民の心身の健康・生活安定のために必要な援助を行う機関で、市町村などが主体となり運営しています。

この地域包括支援センターで働く介護職員は、保健師、社会福祉士、主任介護支援専門員などがいるので、市町村によってはケアマネジャーだけではなく、このような他の介護職員もいるため安心して働くことができます。

ケアマネジャーの転職に失敗した体験談

ケアマネジャーは、その仕事先に1人のみだったり、介護施設などではケアマネジャーなのに、現場が忙しいと介護士と同じような仕事をすることもあるようです。

給料が下がってしまった

介護職からケアマネジャーになると、給料が安くなることもあります。

ケアマネジャーになりキャリアアップしたはいいけど、給料が下がってしまった!!という話はとても多いです。

今までの介護職で何年も仕事をした後だと、ケアマネジャーにおいては新人という扱いになるので給料が下がるのは仕方がないことです。

転職に失敗しないためには転職サイトの活用が必須!

直接人と関わる仕事なので職場の人間関係が上手くいかなかったり、職場によって単独で行うか、チームで行うか、などは様々です。

そのようなことは実際に働いて見ないとわからない!

働いて違った。と思うのは嫌ですよね。

そんな時に活躍するのが転職サイトです。

ケアマネジャーの転職に特化しているサイトとして、「きらケア介護求人」というものがあります。

ここからは、「きらケア介護求人」について紹介していきます。

ケアマネジャーの転職におすすめの転職サイトは「きらケア介護求人」

皆さんは、「きらケア」という転職サイトを知っているでしょうか。

正社員として、介護業界で働きたいと考えている人は「きらケア」に登録しておくべきだと思います。

「きらケア」は、介護求人業界のサイトの中では、好待遇・好給与での転職をサポートしてくれます!

サポート地域を絞っていて求人の出ている地域も利用できる人も限られていますが、その分きめ細かいサポートをしてくれます。

なので、転職を考えてるけど、、、というような人の相談だけの利用でも大丈夫です。

ケアマネジャーなどの資格保有者はもちろんのこと、無資格の方の介護業界の転職をサポートもしてくれます。

サイトの内容としては、職場の中に入らないとわからないことも詳しく記載しており、人間関係、離職率、雰囲気、評判などのリアルは現場に入らないとわからないような情報を提供してくれるため、自分の中の転職後のミスマッチが少ないと言われています。

今のケアマネジャーの働き方ではなく、より良いケアマネジャーとしての働き方ができる職場を見つけてください。
きらケア介護求人の公式サイトはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする