介護職員初任者研修を取得すると年収が上がる!

介護職員初任者研修を取得すると給料が上がる!

介護職にはさまざまな資格があります。

介護職員初任者研修もそのひとつで、介護の基礎知識や基本的な内容についての研修です。

この資格は、介護資格の入門のような資格ですが、この資格をとることで本当に年収が上がるのでしょうか?

このページでは、介護職員初任者研修と年収の関係について解説していきます。

無資格の人との年収の違いは?

介護職員初任者研修は介護資格の中でも入門のものだと言いましたが、資格の有無によって介護職員の給料はいったいどれくらい変わるのでしょうか。

勤続年数によっても変わりますが、資格の有無で、給料は大きく変わってきます。

保有資格 月額平均賃金
初任者研修(ヘルパー2級) 212,120円
無資格 196,432円

この上図を見ると分かるように、初任者研修を取得している人と無資格の人では月に約15,000円違ってきます。

年間にすると、約18万円も差が生まれるのです!

さらに賞与も考慮するとさらに年収に差が生じます。

入門の資格でも、もっているかもっていないかでこんなにも差が生まれます。

さらに、働く年数が多くなると、給料の上がり方も変わっていくでしょう。

なぜ年収が上がるのか?

ここまで初任者研修を持っている人と無資格の人で年収に違いがあるということを話しました。

ではなぜこれだけの差が生じるのでしょうか?

資格手当がつく

まず給料が上がる理由に資格手当がつくということが挙げられます。

地域や勤務先によって資格手当の金額は異なりますが、数千円~1万円程度となっていることが多いです。

これだけの金額が毎月プラスされるのはとても大きいと思います。

さらに、資格を持っていることで役職が付いた場合、さらに給料が上がることや、役職手当がつくこともあります。

資格手当がないという事業所もあるため、必ずではありませんが初任者研修を取得することは給料アップにつながるといえます。

正社員になりやすい

次に、資格を持っていると、正社員やフルタイムとして採用されやすいということが挙げられます。

介護の仕事には掃除・洗濯・料理といった「生活援助」と利用者の身体に触れて食事・入浴・排泄などの「身体介護」の2種類があります。

このうち身体介護をするためには、必ず介護の資格をもっていなければいけません

そのため、資格を有していることは介護職員として就職するうえではとても重要なものだといえます。

また、介護施設でも資格を保有していることが応募条件になっているところがあり、訪問介護事務所では採用要件として介護職員初任者研修以上の資格を有していることを求められる場合が多いです。

そのため、資格を持っていることが採用の点から高収入につながりやすいといえます。

キャリアアップで更に年収アップ!

介護職員初任者研修は介護実務の入門に位置する資格です。

さらに上の資格を取得していくことで、さらなる年収アップを目指すことができます。

初任者研修の上に実務者研修というものがあり、実務期間3年を超えると国家資格の「介護福祉士」の受験資格を得ることができます。

これらの資格の間にも給料に差があります。

例えば、介護福祉士と初心者研修の人の給料を比較すると、月額平均賃金はさらに20,000~25,000円も多くなります。

さらに上位の資格を取得することで、役職がつき、役職手当がつくことも見込めます。

このように、初任者研修は入門資格であるため、上の資格を取得することでキャリアアップすることができます

今後さらに改善されていくかも?

現在、介護業界は人手不足の状態となっています。

さらに、日本は高齢化が続いており、今後ますます介護資格保有者の需要は上がっていくことが予想されます。

そのため、現在国は介護従事者の定着・質の向上を目指しさまざまな政策を考えています。

現在、賃金の改善や労働環境の改善など、介護職員の処遇改善のために動いています。

勤続年数10年以上の介護福祉士を対象に、大幅な賃上げする方針を決めています。

このように介護職員の労働環境改善が現在進んでいます!

そのため、近い将来にさらなる改善がされ、初任者研修を取得している人達の給料改善もあるのではないかと思います。

まずは初任者研修を目指そう

ここまで初任者研修を取得すると、無資格よりも年収が上がるということを解説してきましたがいかがでしたか?

初任者研修は介護資格の入門の立ち位置にあるため、資格取得は決して困難ではなく、働きながら取得する人や家事・育児をしながら資格を取得する方もいます。

そのうえ、資格を有していると、できる介護の範囲が増えるため採用されやすくなり、給料も上がりやすくなります。

初任者研修は130時間の講習と筆記試験で資格を取得することができ、受験資格もないため、今後のキャリアアップや年収を上げたいという方はまず、初任者研修を受けてみてはどうでしょうか?

初任者研修を取得して高年収を目指していきましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする