社会福祉士を通信で取得するには?徹底解説します!

社会福祉士を通信で取得するには?徹底解説します!

みなさんは社会福祉士という資格をご存知でしょうか。

これから日本は超高齢化社会を迎えているので、高齢者が増えてきますので、今後非常に価値のある資格であると思います。

今回は社会福祉士の資格を通信で取得するにはどうすればよいのかについて紹介します。

社会福祉士ってどういう資格?

簡単にいうと、社会福祉士とは日本の社会福祉のすべてを知っているスペシャリストです。

社会福祉士という資格は福祉サービスについてのアドバイザリーを行うことができる国家資格になります。

病気や生活で困っている人たちの相談を行い、その人たちがしっかり生活していけるようにするのが使命です。

子供から高齢者まで多岐にわたる人の社会福祉の相談を担当することになります。職場としては老人ホームなどの福祉施設、医療機関、民間企業などで活躍できます。

社会福祉士の魅力

非常に将来性のある職業

極論をいいますと、社会福祉士という職業は人間という存在がなくならない限り、絶対に残る仕事です。なぜなら、人間というのは必ず人生のどこかで病気になってしまいます。

そういう時に、必ずこれから受ける社会福祉についての相談役が必要です。

また、今の日本には様々な社会問題があります。

皆さんはまず、少子高齢化などを思い浮かべるかもしれませんが、それ以外にもたくさんの問題があります。

例えば、児童虐待を受けている子や孤児など恵まれてない子供たちの相談を聞くのも社会福祉士の仕事です。

待遇が非常にいい

医療関連などの仕事は基本的に激務であることが多いですが、社会福祉士はそうではありません。

基本的に平日出勤のみの場合が多いので、非常にワークライフバランスが取れている仕事になります。

また、勤務先が医療法人や病院や市町村であることが多いので非常に安定した職場です。

達成感のある仕事

相談に乗ってきた人が幸せな人生を送れるようになったら、その人のみならず社会福祉士も非常に喜び、達成感を感じることが出来ます。

また、相談者のゴールはすなわち社会福祉士のゴールなので、相談者と共に喜べるというWin-Winな関係です。

他人の幸せを実現して、達成感を得たいと思っている人には向いていると思います。

コミュニケーション能力が身につく

相談をするというのはしっかり相談者の場に立ってしっかり考えたうえで、解決策を見つける必要があります。

常に様々な年齢層の方々の相談を受けるので、今そこまで得意でなくても、コミュニケーション能力は必然的に上がると思います。

それは仕事場だけではなく様々なところで使えるので人生が非常に豊かになります。コミュニケーション能力をつけたいという人は是非やってみてはいかがでしょうか。

努力すればするほどキャリアアップできる

社会福祉士の中には非常に優秀な方もいて、実際に教授になる人や国に雇われたりする人や国際機関に働く人もいます。

自分の実力でどこまでもできるという自信のある人には非常に向いている仕事です。

社会福祉士になるには通信制課程を利用するべき?

社会福祉士になるにはどうすればよいのでしょうか。まずは試験を受けるための条件を見ていきます。受けるには以下のうち1つを満たす必要があります。

  • 福祉系の4年制大学卒業する(指定科目履修)
  • 福祉系の短大を卒業し、実務を1〜2年経験する
  • 一般の4年制大学を卒業して、一般養成施設に1年以上通学する
  • 一般の短大を卒業して、実務を1〜2年経験して、さらに一般養成施設に1年以上通学する

上記以外にもさまざまな方法があるのですが、卒業後、社会福祉士試験の受験資格を満たしているのは福祉系大学4年制を指定科目を履修して卒業した方のみです。それ以外の方は一般養成施設・短期養成施設という厚生労働省が指定した学校に通う必要があります。

しかし、社会人になると自分の仕事をしたままキャリアアップしたいという方が多いのではないでしょうか。

そうであれば、通学するのは難しいですよね。

そのような方におすすめなのが通信制課程を採用している学校に通うことです。

通信制課程を利用する上での注意ポイント!

ここからは、通信制課程を利用するにあたっての注意点を紹介します。

縛られる時間が少ない!

自宅で学習できる時間が長いので隙間時間を使えることができ、自分の生活パターンをスクーリングに合わせて変える必要はありません。短期養成施設ではすべて、通信制を採用しているのでそこは安心です。

費用が抑えられる

通信制課程は人件費が大幅に抑えられ、その分学費も大きく変わることが多いです。

例えば、日本福祉教育専門学校の場合通学(夜間)の場合1,230,000円するのに対し、通信制課程であれば418,700円で済みます。

約80万円の差は大きいですよね。

スクーリングは必須

いくら通信制課程を採用していても、スクーリングはどの学校でも必要になります。

ただ、学校によって異なりますが9回のスクーリングで済みますのでそんなに負担はないでしょう。

通学課程と比べて修了まで時間がかかる!

これは想像がつくかもしれませんが、通信制課程であればどうしても一日の学習時間量が通学よりも少なくなります。

これにより、通学課程と通信制課程では最大修了するまで6か月間のもギャップが生じます。

ただ、社会福祉士試験は年に1度しかないので社会福祉士になるタイミングは変わりません。

始める時期が早くなるか遅くなるかの違いです。

社会福祉士になって活躍しよう!

社会福祉士について紹介しましたが、どう思われたでしょうか。

受験資格を得るのは少し大変ですが、その分専門性のある仕事であり、やりがいも多い仕事です。

今、現在働いている方でも十分目指せる資格ですので興味がある人はぜひ勉強しましょう。

もう少し社会福祉士について知りたい方は下記のページを参考にしてみてください。

社会福祉士は福祉サービスの専門家で、厚生労働省管轄の国家資格です。有資格者でなければ「社会福祉士」と名乗ることができない「名称独占資格」ではありますが、社会福祉士の資格取得者は、生活指導員・ソーシャルワーカー・ケースワーカー等さまざまな名前を掲げて仕事をしています。今回はそんな社会福祉士について解説します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする