介護職員初任者研修の年収はやっぱり低い?年収アップの方法解説!

介護職員初任者研修とは介護士を目指すに当たって最初に取得する資格です。

介護福祉士実務者研修などの上の資格を取得するためにもこの資格は重要で、最短1ヶ月で取得できるものになっています。

介護初任者研修しか持っていないで介護施設で働いている人はそれ以外の資格を取得している人よりも賃金が低い傾向にあるようです。

今回は本当に介護職員初任者研修だけでは年収が低いのか、低い中でもその年収を上げる為にできる事をご紹介します。

初任者研修の年収は高い?低い?

介護職員初任者研修を終了した人は、サービス提供責任者などにはなれないものの、介護福祉士同様の仕事を任されます。

介護職員初任者研修終了者の年収は約310万円と言われています。

日本の平均年収は約420万円なので、これと比較しても介護職員初任者研修終了者の年収は高いとは言えないのが現実です。

介護福祉士や介護福祉士実務者研修終了者に比べてもやはり介護職員初任者研修終了者の年収は低く、資格手当もこれらの上位の資格手当と比べれば低いと言わざるを得ません。

介護職員の初任給は16万~17万円と言われていますが、上位の資格所有者も含まれているため、これより低くなると思われます。

また訪問介護に従事する場合とデイサービスに従事する場合でもその賃金には差が出ます。

業界第5位のシェアを持つセコムの場合、訪問介護の年収が約345万円であるのに対し、デイサービスの場合は270万円と、誤差では済まないくらいの差が出ていることがわかります。

このように介護職員初任者研修終了者は一般的に年収が低いと言われている介護業界の中でも相対的に低い年収であるという事ができます。

初任者研修の年収アップを詳しく解説!

夜勤のシフトを増やす

夜勤の場合は給与が1.25倍になりますので、単純に年収を1.25倍する事は出来ませんが、夜勤を増やすことによって給与を底上げすることができます。生活リズムや家族の協力など、「夜勤を増やす」というのは簡単ですが実際には周囲の協力や自分の体力との兼ね合いなどへの思慮は不可欠です

夜勤の場合は日勤に比べて(そもそも人手不足の介護界のなかでも)人手が不足している傾向にあるので、採用されやすいというメリットもあります。

実務者研修を取得する

介護職員初任者研修の上位互換である介護福祉士実務者研修を取得するのは最も正攻法な年収の上げ方だと言えるでしょう。

介護職員初任者研修終了者の場合は中途採用でもキャリア採用にはなりませんが、介護福祉士実務者研修終了者は求人によってはキャリア採用の対象になるところもあります。

資格手当による収入も間違いなく増えますし、介護に携わって長く働いていくならば取っておくべきでしょう。

違う施設に転職する

前述したようなキャリア採用に、勤続年数を基準に応募できる求人があります。

同じ介護職員初任者研修を受けて採用された場合でも、デイサービスではたらくのか、在宅介護に従事するのかで年収は変わります。

また大手施設と中小の施設でも給与は異なりますので、より年収の高い施設に転職するのも一つの手です。

初任者研修の転職におすすめの転職サイト紹介

きらケア介護派遣

きらケア介護派遣はエージェントの質が高く、仕事で抱える悩みの相談も出来ますし、施設の人間関係や雰囲気などの質問にも真摯に回答してもらえると評判です。転職をするかしないかで悩んでいる場合でも、アドバイザーに相談することで、今の職場の問題点や、転職することのメリット・デメリットを一緒に考えてくれます。

勤務地、希望時間、希望曜日でシフトを組むことが可能なのでワークライフバランスを守りながら働き続ける事ができます。
公式サイトはこちら

かいご畑

かいご畑の最大の特徴は介護資格を0円で受けることができるという転移あります。

転職しながらかいご畑の親会社であるニッソーネットの運営する介護実務者研修や介護福祉士の資格取得に必要な講座を無料で受けられてしまいます。介護職として働き続けながら自分のキャリアをアップできるので年収を上げるには一番効率的な働き方をできるのではないでしょうか。
公式サイトはこちら

ナイス!介護エージェント

ナイス!介護エージェントの魅力は求人数の多さです。多くの求人の中から自分の働きたい環境の求人を選んで働くことができます。

またそのほかにもナイス!介護エージェントのユニークな特徴として、即給システムというものがあります。

これは給料日前でも給与の80%までなら受け取れるというシステムで、急な出費などにも対応することができます。

まとめ

介護職員初任者研修終了者はそのまま働き続けても昇格の可能性が低いため、年収が低いと感じているかたは介護実務者研修や介護福祉士などの上の資格をとったり、転職したりなどのアクションが必要です。

転職する際は自分にあっている転職サイトを選ぶことが必要なので、自分は転職になにを求めているのかを明確にしておくことが必要と言えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする