介護職員初任者研修をとるなら通信講座がおすすめな理由とは

介護初任者研修を取るなら通信講座がおすすめってホント?

介護職員初任者研修は、介護の基本的ことを理解できる資格のため、介護施設で働く介護職員からこれから介護業界で働こうと考えている未経験の方にも人気の介護資格です。

介護職員初任者研修を取得するためには、資格スクールに通う必要があります。

しかし、働きながら資格取得を目指している方には、資格スクールに通いながら勉強をするのは大変ですよね。

そういった方には、通信講座と併用して勉強するのがおすすめです。

このページでは、これから介護職員初任者研修を取得しようと考えている方に向けて、通信講座を利用した介護職員初任者研修の取得方法を解説していきます。

通信講座だけで介護職員初任者研修を取得できるの?

現在無資格で働いているヘルパーや介護職員のかたは、なるべく短期間で初任者研修を取得したいと思います。

しかし、介護職員初任者研修の受講カリキュラムを見てみると、受講時間は130時間と決まっています。

自宅での勉強時間も膨大な量になりますが、時間を短縮して取得することは可能なのでしょうか。

通信講座だけでは初任者研修を取得できない!

介護職員初任者研修の取得を目指す方の中には、今後国家資格である介護福祉士を目指している方も多いのではないでしょうか。

介護福祉士は独学で勉強しても、試験に合格すれば取得できますが、介護職員初任者研修と介護福祉士の受験資格である実務者研修は、独学で取得することはできません。

初任者研修を取得するためには、資格スクールで厚生労働省が指定したカリキュラムに従い、定められた講義と実習を全てを修了し試験に合格する必要があります。

そのため、まずは資格スクールに通わなければなりません。

通信講座をうまく利用するのが取得までの近道!

介護職員初任者研修を取得するために、修了しなければならないカリキュラムは全部で10項目あり、修了までに130時間必要です。

資格スクールに130時間も通わなければならないのは、働きながら資格取得を目指す方にはなかなか高いハードルですよね。

しかし、通信講座を併用することで、最短1ヶ月で資格取得が可能です。

通学コースと通信コースで通う日数を比較

初任者研修を取得するまで修了しなければならない項目のカリキュラム内容全てを通信講座(自宅での勉強)で修了することはできません。

しかし、一部分を自宅で勉強することで通学の時間数を減らすことができます。

項目 修了までに必要な時間 通信講座を利用した場合
職務理解 6
介護における尊厳の保持・自立支援 9 -7.5
介護の基本 6 -3
介護福祉サービスの理解と医療の提携 9 -7.5
介護おけるコミュニケーション技術 6 -3
廊下の理解 6 -3
認知症の理解 6 -3
障害の理解 3 -1.5
こころとからだの仕組みと生活支援 75 -12
講義の振り返り 4
合計  130 -40.5

通信講座を併用しない通学コースのみの場合、資格取得までにおおよそ22日間のスクーリングが必要です。

通信講座を併用した場合は、スクーリングしなければならない時間数は89.5時間になり、スクーリング日数は7日間すくない15日で資格取得することが可能となっています。

通信講座を利用できるコース紹介

通信講座を併用したコースにも種類がいくつかあります。

  • 短期集中コース
  • 土日コース
  • 夜間コース

自分の働き方や生活を考えて、無理のないコースを選ぶことが資格取得の近道です。

短期集中コース

短期集中コースは、平日の昼間のスクーリングと家での通信講座で初任者研修を最短で取得できるコースです。

どこの資格スクールにもあり人気のコースになっています。

朝の9時から夕方の17時まで講義や実習をおこない、家で課題をこなすことで、最短1ヶ月で介護職員初任者研修を取得することができます。

平日のスクーリングが基本になるため、働きながら通うのが難しいです。

そのため、主婦や現在働いていない方に人気のコースとなっています。

土日コース

週一回スクーリングするのが、土日コースです。

スクーリングの頻度が少ないため資格取得までに時間はかかりますが、スクーリングにかかる負担は少なくなります。

取得までには4ヶ月程度かかりますが、働きながら通うことができ、プライベートな時間も確保できるため、働きながら働く人に人気のコースです。

夜間コース

夜間コースは、平日の夕方から夜の授業で資格取得をできるなので働きながら資格取得を目指す方の中にも希望する人が多いです。

しかし、ほとんどのスクールで夜間コースを開催されていないので、地域によっては夜間コースでの資格取得は難しいかもしれません。

資格スクールに限らず、老人ホームや訪問介護施設のなかには、勤務するスッタフのために介護初任者研修の取得ができる研修をおこなう施設があります。

そういった施設のほとんどは夜間での講座ですが、勤務スタッフや入社前の介護職員を対象としておこなっているため、従業員でも就職希望でもない人が受講するのは難しそうです。

夜間コースは、プライベートの時間も作りやすく土日コースに比べて短期間で初任者研修を取得できる魅力的なコースですが、開催している資格スクールが少ないため探すのに苦労すると思います。

自宅での勉強は大変?

資格スクールに通いながら資格を取得する場合は、分からないところがあってもその都度、先生に聞きながら勉強を進められるので不安は少ないと思います。

しかし通信講座を併用する場合、家でも課題をこなす必要があるので自宅学習の面で不安を感じる方は多いのではないでしょうか。

介護職員初任者研修は介護職の入り口の資格なので、内容は比較的簡単で、自宅でやる課題も教科書を見ながらできるようになっているので心配はいりません。

それでも不安名な方は、学校の資料を請求してサポート体制なども細かくチェックしたほうが良いでしょう。

自分の生活スタイルに合わせたコース選びが重要!

通学のみで介護職員初任者研修を取得することはできますが、通信講座を併用することで、より早く取得することが可能です。

週3・4日スクーリングのある短期集中コースでは、通信講座と併用して最短1ヶ月で初任者研修を取得できます。

しかし平日のスクーリングのみとなっているので、現在働いていない方や主婦の方にはおすすめですが、働きながら資格をとろうと考えている方には、難しいと思います。

働きながら初任者研修の取得を目指すのであれば、時間はかかりますが、土日コースがおすすめです。

取得のスピードよりも、無理のないペースで資格スクールに通えるかを考慮してコースを決めるのが、初任者研修を取得する一番の近道になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする