正社員の薬剤師は年収があまりよくない?雇用体系で比較!

薬剤師は正社員、パート、派遣と働き方がたくさんあります。

そのため自分のライフスタイルにあう仕事を行うことができます。

当たり前ですが給与がそれぞれ違うので、自分の欲しいものや必要な金額を考えながら、選択ができます。

今回は正社員の薬剤師についての年収をご紹介します。

正社員の薬剤師の年収は?

正社員薬剤師の年収は、病院勤務で350万円から450万円、薬局勤務では450万円から500万円となっています。

これには、残業代も含まれています。

また、働く時間もフルタイムで時間の拘束があることがデメリットではあります。

しかし、派遣薬剤師の年収は安定しています。

例えば年に1回の昇格があることもあります。

このため、長く働くことで年収を増やすことができます。

また、350万円から450万円という年収は一般的な年収の平均もしくはそれ以上なので、とても高いと思います。

職場によって年収の誤差は多少ありますが、それでも年収は高いと思います。

正社員であるため、安定もしていますし、ボーナスを頂くこともできるので、家庭がある方で時間に余裕のある方は正社員として働くことがいいと思います。

また、おひとりの方やたくさん給与が欲しいと考えの方はとてもおすすめです。

年収を高くするには、転職を行う、昇格を目指すなど正社員にしかできない方法もあります。

正社員とパート薬剤師の給与比較

パート薬剤師は時給制で、パート薬剤師の時給はおよそ1800円から2300円です。

そして、自分の働きたいときに働くことができるので、すごく自由です。

ですから、給与が欲しい方はフルタイムで働くことができ、小遣い程度で働きたいという方は、時間を指定して少ない時間で働くことができます。

そのため、正社員と比較すると、年収は比較的低いです。

しかし、働く時間にもよりますが社会保険に加入することができることや、残業がない、雇用期間が定められていないなど、働きやすい空間です。

しかし、しっかり、働いて給与を頂きたいと考えている方には正社員薬剤師をお勧めします。

正社員薬剤師の年収を見るとわかるように、一般のサラリーマンと同じ時間働いている場合でも、給与は高いです。

また、昇格制度やボーナスもあり、働いている以上に給与を頂くことができます。

時間に余裕のある方、お金が欲しい方には断然正社員での勤めがいいと思います。

また、介護や子供がおり、時間が空いている時に働きたいと考えの方は、パートでの勤務をおすすめします。

しかし、パートでも正社員と変わらない年収を得ることができます。

それは、時給のいい職場で働くことです。

勤務地によっては、時給が3000円を超えることがあります。

週5日フルタイムで働く場合、年収が350万円を超えることもあります。

ですので、働く方法によって年収を変えることができるのがパートのメリットです。

安定した収入を得ることは難しいので、安定を考えている方は正社員薬剤師が先ほどもお話ししたように断然おススメです。

正社員として働くメリットとは?

年収が高い

正社員薬剤師として働くうえでのメリットはやはり年収が高いことです。

パートと比較してもわかるように収入も安定しており、働くうえで心配がありません。

収入が上がることにより、人生設計をしっかり立てることができます。

安心の福利厚生

また、会社の会保険に加入することができ福利厚生がしっかりあり、契約期間に定めがないなど、比較的安定している職業です。

働く場所によっては、有給休暇が取りやすいことや仕事の種類によっては住宅手当や地方手当などの給与を頂けることがあります。

ほかにも年に2回の賞与がでることや、昇格があることがあり手当がとても充実しています。

そして、退職金もしっかりあるのでやめる場合でも安心してやめることができます。

そして、職場によって年収が違うので、転職を行うことで年収を上げることもできます。

責任感を持って仕事ができる

正社員ということもあり、パートや派遣とは違い事業の中核を担うことができます。

仕事をする上での目的意識を持つことができ、やりがいを感じながら仕事ができ、キャリアアップができます。

ほかにも、人手不足などがあるため、様々なところから募集が来ます。

病院や一般企業など、自分自身で働きたいと思う場所への勤務をしやすくなります。

人間関係を学べる

また、人間関係を学ぶことができます。

薬剤師として働くとき、基本一人だけでは働くことができません。

複数の薬剤師が在籍している病院や、調剤薬局、ドラックストアとなると、必ず周囲の薬剤師や職員との連携が大切です。

一人の薬剤師の店舗であってもそれは変わりません。

業務内容の中に、医師や看護師とのコミュニケーションが必要になります。

そのため、お互いに仲が悪いと業務に支障が生じます。

そして、毎日出勤をし、一定期間働くのではなく同じ期間働かないといけない環境なので頑張る必要があります。

このような実情があるので、働くうえでの人間関係をしっかり学ぶことができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする