年齢が高いと転職は不利?薬剤師の転職できる年齢は何歳までか徹底解説!

転職をしようと考えている薬剤師の方がまず考えることが年齢制限です。

薬剤師は年齢が高いほど転職がしづらい職業といわれています。

30代で経験が浅いと転職できる可能性はほとんどないのが現状です。

年齢別での転職の注意点、就職際について紹介していきます。

年齢が薬剤師転職を不利にするって本当?

薬剤師の中には、いずれは転職を考えている方や、タイミングを見ている方がいると思います。

このように考えることは重要ではあると思います。

しかし、その職場でスキルを磨くことが出来なければ、転職も難しくなります。

それは、転職市場で年齢が高いほど最適な職場へ就職することが難しいことが挙げられます。

募集求人を出している求人を出している会社は、調剤薬局、ドラックストア、病院、企業とさまざまですが、病院と企業では年齢制限が特に厳しくなります。

特に、総合病院での薬剤師は必ず年齢制限があります。

これは、求人票に年齢のことが書いていない場合でも、何歳までの薬剤師でなければならないという決まりがあります。

やはり、年齢が若い方は体力があるという理由が大きいです。

また、大病院だと新卒薬剤師が応募してくるため、わざわざ年齢の高い薬剤師を中途で募集する必要がありません。

そのため、経験が多い人は比較的転職しやすい傾向ではあります。

しかし、その際にも年齢制限がかかってくる場合があります。

公務員薬剤師もまた年齢制限があります。

国家公務員は30歳未満でないと働くことができません。

地方公務員でも自治体によって多少の違いはあるものの30歳から35歳が年齢制限となっています。

職場によっては年齢不問の場合もありますが、ほとんどの求人募集は年齢制限があります。

やはり、体力という部分での問題が多く、忙しい総合病院や企業では、勢いのある若手を募集した方が将来的にみても重要です。

若い戦力の働きでこれからが決まるのでその点を踏まえると、年齢がとても不利になってしまいます。

年齢別:転職の際の注意点

転職をする際に年齢別でみてみると、やはり、20代は転職がしやすいです。

20代での転職を考える場合では、成長を見据えた職場選びが重要です。

20代は年齢が転職に影響することはまずありません。

そのため、転職する際には、将来に向けてのキャリアプランを考えながら10年後、20年後の年収やなりたい姿を逆算して職場を選ぶことが重要です。

また、何回も転職を行ってしまうと適応力に欠ける人なのかなと、不信感を与えてしまうこともあるので注意しましょう。

30代は特に転職が多いといわれています。

出産する薬剤師の方も増えるのでキャリアプランを考え始める方が増えます。

未経験の方でも転職をすることはできますが、総合病院などの大病院では募集をしていない場合があります。

40代、50代の場合では、経験があるかどうかで転職することができます。

企業や病院では、若い薬剤師を採用してしまうため、転職できる可能性はとても低いです。

しかし、調剤薬局やドラックストアであれば、問題なく転職ができます。

むしろ、この場合経験したことがある業種であればどの職場でも働くことができます。

60代でも働くことはできます。

しかし、働くうえで正社員として働くことは難しいです。

この場合、パートや派遣での採用が多くなります。

また、直近3年は薬剤経験がないと厳しいかもしれません。

長時間働けるのか、転職先でなじめるかなどの問題があるため、採用はより難しくなります。

年齢別にみても40歳以上の転職は厳しい傾向にあります。

転職する際には、前の職場でどのような経験を積んだかがとても重要になります。

年齢不問の求人が多い就業先は?

年齢不問の求人が多い就業先は、調剤薬局やドラッグストアです。

薬局の大きさにもよりますが、大きな調剤薬局では40代を超えると求人がない場合が多いです。

しかし、調剤薬局にも中規模や小規模の薬局があります。

そのような薬局では年齢不問での求人を募集しています。

小規模の薬局であるとオーナーとの人間関係や相性が重要となってきます。

そのため、年齢は基本的には気にしません。

経験が多いほど、戦力として使ってもらえる場合もあります。

しかし、病院や企業では若くて即戦力のある人材を募集しています。

そのため、年齢制限が多くあります。

調剤薬局やドラックストアは地域に寄り添っているということもあり、若い戦力だけが必要ということではありません。

経験がまだ浅い薬剤師よりも経験の多い薬剤師の方がよりお客さんに説明をすることができ、即戦力としてもとても必要です。

その結果、調剤薬局やドラックストアでは、年齢不問の求人がとても多いです。

また、近年薬剤師の人手不足が起こっています。

病院や企業は求人を出してもすぐに募集が集まりますが、調剤薬局やドラックストアでは求人があつまりにくいのです。

そのため、就業できる年齢を制限してしまうと求人が集まらない場合があるため、年齢不問としていることが多いのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする