派遣薬剤師の年収が高いってホント?

派遣薬剤師って高時給で働きやすいと思われている方は多いと思います。

パート薬剤師と比べても時給も高く年収も高いと思われています。

メリットを感じることも多いと思いきや、その中でデメリットもあります。

そんな、派遣薬剤師の年収やパート薬剤師との違いについてご紹介します。

派遣薬剤師の年収は高い?低い?

派遣薬剤師の時給は5000円の掲載している求人があります。

これは、時給5000円と考えると年収が960万円で残業代を含めると1000万円を超える計算となります。

一般の薬剤師の年収と同じ金額である場合やそれ以上の金額を手に入れることができることになります。

しかし、実際にこのように時給5000円での求人があります。

その場合、薬局側は派遣薬剤師に80万円程の給与を毎月支払っています。

しかし、これは時給で計算した場合なので多くの人がこのような条件の中働いているのではありません。

1日6時間、週5日働いている派遣薬剤師の場合は平均年収が442万円です。

派遣はボーナスなし!

しかし、派遣薬剤師にはボーナスがありません。

ボーナスはありませんが平均年収442万円とサラリーマンの平均年収と変わらないので、年収は高いです。

ボーナスはありませんが時給が高いため、このような年収になります。

祝日も休むことができ、働く時間も少ないので、その点を踏まえて年収を考えると高いです。

そして、派遣会社によっては福利厚生もしっかりあるので安心して仕事を行うことができます。

また、派遣会社によっては時給の値段が大きく違うので、自己選択がとても重要です。

年収比較:パート薬剤師 vs 派遣薬剤師

派遣薬剤師の年収は先ほど話したように平均442万円です。

一方で、パート薬剤師の年収は1日6時間、週5日働いて平均348万円です。

派遣薬剤師はボーナスがありませんが、パート薬剤師はボーナス1ヶ月分を含めてこの年収です。

これを時給で計算すると、派遣薬剤師は2926円、パート薬剤師は2123円と時給も800円程違います。

そして、年収は94万円の差があります。

ボーナスはありませんが、時給がとても高いため、時給だけでも高い年収手に入れることができます。

また、パート薬剤師は基本的に残業が少ないため、時間外労働がなく年収が低くなりますが、派遣薬剤師は残業などの時間外労働も多く、残業代などで年収を増やすことができます。

また、派遣薬剤師は派遣会社と契約をするため、派遣会社によって時給が大幅に違います。

派遣会社によっては時給3000円から6000円と幅広くあり、条件もそれほど変わりません。

しかし、パート薬剤師は自分で職場をみつけて時給も2000円から4000円と派遣と比較すると高くありません。

やはり、働く場所で年収に差はでますが派遣の方が全体的にみても圧倒的に高いです。

年収だけで比較すると、派遣薬剤師はとても魅力的です。

たくさんお金を稼ぎたいと考えている方は、派遣の仕事がおすすめです。

年収が高いために発生する派遣薬剤師のデメリット

派遣薬剤師は年収も高く、パート薬剤師派と比較してもいい環境だと感じた方は多いと思います。

しかし、働く上で何個か注意しなければならない点があります。

まず、勤務ができる期間が決まっていることです。

どんなにいい職場環境でも、同じ職場には長期間働くことができません。

これは、派遣として働く上でのデメリットとなります。

派遣薬剤師は同じ勤務地での雇用期間が定めれており、原則1年間に2回から3回のペースで勤務地を変える必要があります。

どんなにいい職場環境や勤務先でも短期間で変わる必要があるので、寂しいと感じる方もいると思います。

また、ある程度出来上がった人間関係をまた、一から作り直さないといけないので、少しストレスを感じる方はいると思います。

また、派遣先が変わる度に一から仕事を覚えないといけません。

最近は、パソコンを使う派遣先もあるので、使っているソフトの違いや、パソコンでの業務が苦手な方は慣れるのに時間がかかってしまいます。

また、時給がたかいため、業務が正社員より忙しいこともあります。

派遣の時給が高い職場ほど人手が足りていません。

また、職場によっては派遣の時給が高いことを知っている正社員やパートの方もいるので、仕事を多めに押し付けてくという場合もあります。

派遣薬剤師は給料を高くもらってはいますがボーナスがないため、ボーナスをもらっている正社員やパートよりも多い業務量を行わないといけない場合があるのはストレスがふえます。

このように派遣として働くには、デメリットがあります。

このデメリットを回避することは難しいのですが、派遣で働く上で時給にとらわれることなく、職場環境などで選択することが重要だと思います。

また、職場環境が厳しい場合でも、3ヶ月ほどで職場を変えることができるので、気にする必要はないと思います。

自分のライフスタイルにあわせて働くことができるので、子育てや介護の合間など時間に余裕があるときに派遣として働くこともいいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする