知ってなきゃ怖い!派遣薬剤師の年収が高い理由とこれからの働き方!

派遣薬剤師の年収が高いってホント?

派遣薬剤師の平均年収はいくら?

では早速、派遣薬剤師の実際の平均年収からみていきましょう。

派遣薬剤師の平均時給は2800円と言われています。

仮に、時給2800円フルタイムで週5日働いたとして計算すると、年収は
2800円×5日×8時間×4週×12ヶ月=5376000円

となります。

正社員で働いた場合の薬剤師の年収は519000円なので、フルタイムで働けば、正社員よりも多くの収入を得ることが出来ます。

薬剤師は地方の方が稼げる?

薬剤師は働く地域によって、大きく収入で差が出るのをご存知でしたか?

薬剤師は地方の方が人材不足に陥っています。

この状況は派遣薬剤師も同じで、時給相場を比較すると以下の通りになっています。

東京などの都市部 2200円~3000円
地方都市 2300円~3600円
地方都市以外の地方 3000円~4500円

都市部と比べても、地方はさらに高い時給で働くことが出来ます。

高時給を探すのにオススメしたいサイト

薬キャリ

薬キャリは薬剤師の登録者数が最も多いサイトとなっています。

その理由としては、求人数が多い、ママさん薬剤師のための求人が充実している、コンサルが丁寧などの理由が挙げられます。

また、派遣薬剤師の求人も充実しています。

集めた口コミの中で、一部を抜粋してご紹介します。

20代・主婦

私は主婦なので、仕事との両立に悩んでいたのですが、コンサルタントさんがしっかり相談に乗ってくれたおかげで、自分の生活に合った求人を見つけることができました。

薬キャリはスピーディーな対応なので、実際に働くまでの時間が短いのでうれしいです。

30代・派遣薬剤師

子育てとの関係で派遣薬剤師の求人を探していました。

派遣自体を取り扱うサイト自体少なかったので、すごく便利でした。

また、コンサルタントさんの対応も丁寧で自分の意見も聞いてくれて安心して進めることができました。

派遣薬剤師の年収が高く見える理由

前にご紹介したように、派遣薬剤師の年収は正社員よりも高いように見えます。

これからその理由について説明していきます。

時給が高い

派遣会社によって違いますが、会社は派遣社員に時給3000円支払っています。

この時給の高い理由の1つに、雇用の不安さがあります。

会社は、アルバイトにしても正社員にしても、一度雇ったら解雇するのは難しいです。

派遣薬剤師を雇う会社は、高いお金を出してでも人員が欲しいという会社なので、なるべく人を集めるために時給が高めに設定されています。

しかし派遣社員は短期間の契約を更新していくので、人員が過剰になったら契約をきられます。。

高い時給を払っても使い勝手があるので、派遣社員の時給は高く設定されています。

雇用の不安定さ

派遣社員の時給が高い原因の1つでもあるのですが、派遣社員は雇用体系が不安定です。

人がいない時だけ雇うので、時給は高いですが、いつクビになるか分からない不安があります。

人材費を削りたい時にまず最初にクビを切られるのは派遣社員です。

なので、環境の良い職場で働くことが出来ても、期間は保証されていないため、次の職場では雰囲気の悪い職場になってしまうかもしれませんし、

環境の移り変わりがすごいので心身ともにストレスもたまります。

派遣薬剤師で働くメリット

ですが、派遣薬剤師でも働くメリットはあるので、2つご紹介します。

勤務条件が選べる

薬剤師のなかでは、ママさん薬剤師が多いのですが、夕方までは薬剤師として働き、夕方には保育園にお迎えにいきたいという働きかたは、正社員だと難しい場所もあるので、勤務条件を選べるの点は、自分の
生活環境に合わせられるのでお勧めです。

家庭と仕事のバランスを取って、自分の生活スタイルに合った働きかたができるのは、大きなメリットだと思います。

残業が少ない

派遣社員の方だと、残業の時間が少ないです。全くないところが多いです。

なぜなら、派遣社員は正社員よりも時給が高いため、なるべくお金を掛けたくないという考えがあります。

万が一、残業をすることになっても、しっかり残業代はでるので、安心してください。

派遣薬剤師で働くデメリット

ここまで派遣薬剤師に関するメリットをご紹介しましたが、次はデメリットをお伝えしたいなと思います。

急にクビになる

派遣社員は雇用体系の期間が決まっていなく、不規則なので、急にクビになります。

もともと人員がいない時に集められたので、正社員を雇えた場合や、逆に人件費が圧迫したときに最初にクビになるのは派遣社員です。

契約更新の時期が近づくにつれ「更新してもらえるだろうか」と不安に感じる人は多いかもしれません。

環境の変化が激しいところは注意が必要です。

休むことが出来ない

派遣社員は基本的に休むことは許されません。

そもそも派遣社員を頼む会社は人が足りないので高い時給を払ってでも雇います。

その状況の中で急に欠勤というのは、まず許してくれる会社はないと思います。

欠勤を繰り返してしまうと、派遣会社にクレームがいき、働けなくなることもあります。

安定性がない

派遣薬剤師は、急に契約を切られるので、安定性を求める人には向いていないです。

次の職場がすぐ決まる可能性は低いので、ある程度ブランクが空きます。

派遣会社がすぐに紹介してくれるところもありますが、毎回自分の希望にあ職場を見つけるのは難しいですし、時間もかかります。

一時的な収入は良いですが、1年のスパンで考えると正社員よりも劣るのが現実です。

スキルアップしにくい

あくまで派遣薬剤師はすぐにできる仕事がメインです。

基本的に誰でもできてしまう仕事なので、いくら続けてもスキルアップというのは難しいです。

もっと自分の価値を高めていきたいという上昇志向が強い人はマンネリ化してしまうかもしれません。

これからどんどん自動化も進むので、10年先などは仕事を失っているかもしれません。

スキルアップできる求人の見つけ方

派遣薬剤師はスキルアップしにくい環境ですが、求人を見るうえでスキルアップできる環境を探すための方法をお伝えします。

幅広い科目

求人サイトを見るうえで、幅広い科目を応需している薬局などは、派遣だとしても様々な業務を任される可能性があるので、スキルアップにつながりやすいです。

総合病院の求人

様々な求人の中でも、総合病院などは、覚えることが多く、幅広い知識が求められるので、スキルアップできる環境にあります。

また、周りの環境もスキルの高い薬剤師がそろっているので、モチベーションアップにもつながります。

派遣薬剤師は高収入のわりにリスキー!?

派遣薬剤師について説明してきましたが、いかがでしたか?

個人的には、高収入のわりにリスクが大きいかなと思います。

派遣薬剤師の収入が高いカラクリも理解していただけたら嬉しいです。

ママさん薬剤師や学生さんなどは、正社員だと厳しい環境なので、今の自分の環境と向き合って考えるのが最適だと思います。

ただし、ただ給料が高いという理由だけで派遣薬剤師になるのは危険なので、しっかり自分と向き合って決めましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする